お問い合わせはこちら→MAIL
電話でのお問い合わせは090-2731-0999
営業時間は12:30〜20:30となります

 

□ Oliginal Custom Order[OR]
 
 
 
 
   

menuチー・レ。シ・ク TOP・レ。シ・ク シ。・レ。シ・クspace.gifHOME・レ。シ・ク

DM5
9'0 

ボトムの色はレールの焦げ茶を薄めてからさらにグリーンを混ぜて薄めた金髪色というか、ケブラー繊維のような透き通る黄色にテール側をクリアのマーブルでアレンジしました。
そして、デッキ側。
スタンス部分に柄を入れて、焦げ茶で巻いていますが、全て同じ色での濃淡で出したカラーです。また、茶の場合、濃い色は色むらが出やすいのであえてそれを生かした感じで木目っぽくしています。
これはティントだけに言えることで白を混ぜたり、ピグメントを混ぜると全く違う色が出ます。
マークの部分はデッキを巻いたこげ茶のティントにレモンイエローのピグメントを混ぜた樹脂カラーです。明るい色を混ぜても色は重くなるというわけです。
ちなみに、目立たない色ですが、マークには段差が付いていてワックスを塗るとマークが浮き出てくる仕組み。。
フィンはフューチャのマルチで、5フィンのセッティングができるようにクアッドにプラスしてハンドシェイプのミニフィンをプレゼントしました。

軽量コンペモデル、カラーバージョン
9

今回のコンペモデル、デッキのラミネートパターンを変えて、前回の4.8kgよりも多少重くして、5.3kg仕様。
MARサーフボードでは6kgを切る軽量ロングボードでも
カラーレジンラップカットラミネートでの製作が可能です。
例えば、全面マーブル柄でも全面ワープクロスでラミネートして強度を持たせ、
ポリッシュ仕上げのウルトラライトなんて言うのもできます。
プランニングからシェイプ、ラミネート、
サンディング、フィンのセットアップまで全てビルダーで管理し、製作して、
ライディング後の相談も全工程から見直しができるからこその実績あるコンペボードです。

軽量コンペモデルDOR 9'
8

フルロッカーのスーパーライトDOR9’0
ノーマルのブランクスを使用してボトムレールのラミネートは2Inでカットラップ
更に大きめのフィンパッチで、一見普通のクリアボードに見えますが、
重さはなんと!4,72kg
ウルトラライトブランクスではなくノーマルのフォームを使用してもこの重量で仕上がりました。

MARでは通常、カラーレジンのサーフボードばかりなので重いサーフボードばかり作っているようなイメージの反面軽いサーフボードも作れます。
もちろん、カラーレジンで巻いても同等の軽さで製作可能です。
3枚目の画像をよく見ればレールがカットラップしてあるのがわかると思います。
フィンボックスエリアにはV字型のパッチ。
サンディングフィニッシュにポリマーシーク加工仕上げ

コンペで勝てるボードです!

「283DOR」
7

ダイアモンドテール仕様で長さは9'3+アルファ、
+アルファと言うのは、どうしても283と言う数字を使いたかったので283cmで製作しました。

アメ車風とかホットロッド風とか、、色々あるが
この「283」とは1950年代からあるシボレーのスモールブロックのサイズである。

カラーリングは70年代モパーマッスル系の雰囲気で
ダッジの’70challengerのサイドラインをモチーフにデッキ側に配し、黒とグリーンだけでまとめました。

ROR 9’1 ー 22”3/4 - 3”
6

ベージュのライトオペイクで646両面ラップカット、
アフターサンディングペイントにグロス仕上げで7,4kg。

エッジをシャープ気味にして程良い軽さで仕上げてあります。

Tiger Stripe
5

Light Weight

U1 Model
4

Klevis KUSTOM 9'0

Fancy Pin Tail
3

 

DOR
2

Single Fin Diamond Tail

Standard
1

Tint Patch

menuチー・レ。シ・ク TOP・レ。シ・ク シ。・レ。シ・クspace.gifHOME・レ。シ・ク

- Topics Board -